電気自動車(EV)

電気自動車の社会がやってくる

 

 

世界は電気自動車(EV)社会へ加速している 電気自動車,EV 世界は電気自動車(EV)社会へ加速している 近年は電気自動車(EV)が注目を集めるようになってきましたが、それにはそれだけの大きな理由があるためです。

 

 

エネルギーの枯渇問題

 

なぜ電気によって動く自動車が社会に必要とされているのかというと、ひとつにはエネルギーの問題があります。

 

 

石油は限られた資源であり、生活の様々な場面で使用をされる非常に重要な資源です。
そして、その中でも特に使用する場面が多いものとして自動車があり、自動車は世界中各地で走行をしているだけに日々物凄い量の石油が消費されています。

 

採掘技術の発展や新たな油田の発見によって、石油枯渇が過去に何度も囁かれましたがその度になんとか持ち直している状況ではあるものの、量が限られていること自体は紛れもない事実であるためこのままではいつか本当に石油がなくなってしまうことになります。
そして、石油を大量に消費している大きな原因が現在の内燃機関による自動車というわけですから、石油を直接消費することがない電気による走行が求められるようになってきているのです。

 

大気汚染

次に地球環境の問題も、電気自動車が求められる社会の理由のひとつでもあります。
内燃機関の自動車は石油燃料を燃やして走行をしますが、石油を燃やしたときには様々な有害物質を排出することになります。

 

極力有害物質が出ないように日々努力を続けられていますが、石油を燃やす以上は完全に排出を抑えることができませんし、技術の向上も頭打ちになってきているだけにここから更に技術が大幅に進歩をするのは考えづらい状況となりつつあります。

 

特に地球温暖化が問題になっている現代社会では、大量の二酸化炭素を排出する自動車をどのようにして減らしていくのかということが求められるようになってきています。

 

 

EV車のメリット

 

 

このように電気自動車(EV)社会が加速している理由としては、従来の内燃機関による自動車に問題が多いためなのですが、それでは電気で自動車を走らせるにはどのようなメリットがあるかを知れば、より社会から求められる理由を理解することができるでしょう。

 

自動車を電気で走らせる、大きなメリットの一つが効率が良いというものがあげられます。
電気であればエネルギーのほとんどを走るために使うことができるので、その分だけ無駄な資源の消耗を抑えることができます。
内燃機関は非常に熱効率が悪く、実際に走行のためにエネルギーを使うのは半分程度しかなく、残りの半分を熱や振動に騒音など無駄に捨ててしまっていることになります。

 

しかも、これは近年作られた高性能なエンジンによる話であり、世の中には8割近くも無駄にエネルギーを捨ててしまう自動車も数多く存在をしています。
それに対して電気で自動車を走らせれば、逆に8割程度を動力として効率良く使うことができるため、資源を無駄に使うことがないということになるわけです。

 

例えば、日産セレナのe-powerのシステムもEV車のメリットに近いです。 セレナ 値引き

 

 

 

 

ここで一つ疑問に思う人もいるかも知れませんが、電気自動車を走らせるための電気はどこから持ってきてどのように作られているのかということです。
結局発電所で石油を燃やして発電をしているのであれば、自動車が電気で走ろうとも石油燃料で走らせても同じではないかということになります。
これはたしかにその通りなのですが、自動車の小さなエンジンでエネルギーを生み出すよりも発電所のような大規模な場所でエネルギーを生み出したほうが効率が良いので、結果的には同じように石油燃料を使うにしても電気で走らせた車のほうがエネルギー効率が良くなるのです。

 

自然環境にもEV車は有利

 

 

電気によって走る自動車が求められる背景にはエネルギー効率の良さがあげられますが、環境にも優しいという面も非常に注目をされている部分になります。
電気で走る自動車は直接何かを燃やすことがありませんから、二酸化炭素や窒素酸化物の排出をゼロに抑えることができます。

 

それ以外の様々な有害物質も排出されなくなりますから、地球環境にとって非常に優しい自動車となっているのです。
世界の人口は日々増え続け自動車の需要もこれから先も高まっていくことになりますから、環境問題は無視して通ることができるものではありません。
そして、近年それらの問題を全て解決することができる存在として電気自動車(インプレッサ 値引き)が注目をされるようになってきたのです。

 

 

EV車を作る技術の向上

 

 

それではなぜこれだけメリットのある電気で走る自動車がいままで無かったのかといえば、それは単純に製造技術が付いてこなかったためです。
実際に自動車を電気で走らせる試み自体は自動車が登場した頃から行われおり、多くの電気で走ることができる自動車も生まれました。

 

ところが内燃ガソリンエンジン機関よりも実用性のあるものを作ることができなかったため、メリットはあってもそれを活かすことができませんでした。
それが近年になって技術の進歩により、それまでの問題点を解決することができたことから実用的なものも登場するようになってきて、電気自動車(EV)社会が加速し始めたということです。

 

まだまだ、普及には程遠い状態ですが石油燃料から電気にシフトしていく流れは変わることはないでしょう。